2019 那須高原ロングライド・チャレンジ70kmコースは暑く……なかった。の2

というわけで、予定通り30分遅れで70kmコースのスタートとなりました。

俺のポジションは中盤よりは前な感じ。

まぁまぁ良いポジションかな?相変わらずこの手のイベントでいつ並び始めればいいかよくわからないんですよね。

 

スポンサーリンク

 

コース序盤は去年と同じルート。まずは西から南にくるりと小さく逆回り。
なので最初は横風を受けることになります。

「うはっ、ホイールがホイールが!」

格好重視で買った35mmセミディープホイールが煽られる煽られる。まだ走り出しで体が安定していないこともあって不安定極まりなし。

「フラれるなぁ、もしかして横風の方が向かい風より辛いんじゃぁ?」(甘い)

ちょっとだけ南向きで追い風を受けた後、道は北へと方向を変えます、と、「うわーい!」

前から吹き付けてくる風の強いことといったら!

もうね、全然前へ進まない。漕げない。目いっぱいの力が要る。
平地なのにフロントをインナーに落とした方がいいんじゃ?って思うくらい。

こりゃいかん、申し訳ないけど風よけにさせてもらおうと、とあるグループの後ろについたら、これが飛ばす飛ばす。

風よけしてもらってるのに付いていくのが精一杯。序盤だというのに大変に足を使ってしまいました。

「ううう、これなら風を受けながらでも一人でゆっくり走ってたほうが楽だったんじゃぁ……」(遅い)

 

ルートは次第に平地からだらだら登りへと変わります。

相変わらずの終わりの見えないゆるい上り坂。でも去年走ったのでなんとなく見当が付くのと、林間エリアなので風が遮られる場所もあるのが救いではあります。

もちろん先のグループからはとうの昔に千切れ済み。あちこち乗り継ぎながら(?)よろよろと走り、ようやく第一エイドに着いた時にはへとへとに。

「おかしいな~、去年はもう少し余裕があったはずなんだけどなぁ」
※「この先更なる上り坂が待っている!」と気張ってたからかもね→去年

低い気温もこれだけ走れば関係なし。大汗かいたのでウインドブレーカーは即脱ぎしてポケットへと格納。

最初のエイドですが、シリアル+牛乳、野菜ジュース缶、バナナにお菓子とごっそり頂いて。
朝飯は済ませてますが、きっちり全部頂きましたよ。


※片手カメラだと持ちきれないのも例年通り


※缶は重いから飲み切らないと(缶じゃなくても飲み切るけど)


※そしてトイレが大混雑。そして同じチームだからと横入りは格好悪いですよ→某福島チーム

出発。次のエイド(DS2)まではさほどの距離ではないんですが……これもまた辛い。

だらだら上りは継続。ちょい景色が開けると向かい風が厳しく。

ならばととあるグループの後ろについたらこれが(略)
これなら一人で(略)

到着したエイドでは水補給と甘ものを頂きました。


※前エイドから近いから去年はスルーする人も多かったけど、今年はほぼ全員寄っていたような。


※那須と言えば御用邸の月

さて、去年はこのエイドで「ここから先が本番だぞ!」と気合を入れなおした気がするんですが、今回はこれで上りは終わり……ですよね?(甘い)

<続く>

コメント