シューズカバー

 でまぁ、これからのシーズンに備えてシューズカバーを買いました。 
 
 
 ロードバイクに乗る前はその存在すら知らなかったシューズカバー。
 
 ビンディングシューズは通気性が良いので、冬はこういうものが必要になるんですね。
 
※昨シーズンはフラットペダルだったので厚手スニーカー、なので寒さはさほど感じずに。
 
 
 さて、昨シーズン&オートバイでの経験的に、シューズは風さえ防げればそこそこイケる気がします。
 
 それ以上は厚手の靴下でなんとか。
 
 サイズの問題はありますが、今の靴なら大丈夫のはず。
 
 
 さて、それじゃどんなの買うかといろいろ見て回って。
 
 防風とか防寒とかの性能はもちろんですが、実は一番気になったのは「靴底」なんですよね。
 
 
・ロードバイク用のシューズカバーは、伸び縮みする素材で靴全体をぴっちりとカバーする。
 
・靴底にはクリートが付いているので、それを避けるよう穴が開いている。
 
・穴以外の部分はゴムとかではなく、上面カバーと同材質の場合が多い。
 
 
 気になったのはこの「上面カバーと同材質」の部分。
 
 歩き回った時にここの汚れはどうなんだ?と思ったんですよね、トイレとか入るわけだし。
 
 そして履きっぱなしならまだしも、脱ぎ履きを繰り返すわけですから。
 
 
 「う~ん」と考えて、今回は「靴底がベルクロ留めの安価なモデル」を選んでみました。
 
 汚れるのは変わりないでしょうが、まぁ多少はマシかなと。
 
 
 肝心の機能的には、防寒よりは防風メインで材質は薄め。
 
 脱ぎ履きにちょいコツが必要ですが、まぁいずれ慣れるでしょう。
 
 
 某日テスト。気温は5度前後。
 
 走った感じは「温かい」ではなく「寒くない」感じ。
 
 うん、でもこれくらいの方がかえっていいのかもしれません。靴の中で汗かくと碌なことになりませんからね。
 
 
 そして気になっていた靴底ですが、自転車を降りたらベルクロだけ外してカバーの内側に折り込めば擦らない・汚れないことに気づきました。
 
 もしかするとこれは安物ならではのメリットかもですね(笑)
 
#あとは耐久性がどれくらいあるかだよなぁ。
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆
初心者サイクリストランキング
初心者サイクリストランキング

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
020_ウエア・用品
スポンサーリンク
Ak!rAをフォローする
春夏秋冬・じてんしゃ紀行

コメント