渡良瀬遊水地へ行きましょう(予定)

え~、あけまして(略:遅

とまぁそんなわけで、先日オートバイの初乗りで表記渡良瀬遊水地まで出かけたんですね。

 

スポンサーリンク

 

ここは去年のツール・ド・おやまでも通った場所。

あの時は東岸の土手でしたが、正規のルート(?)は西岸にあるゲートなので今回はこちらから。

相変わらずの素敵景色にへぇ~って魅入ってたんですけどね。

 

この寒空の中、やっぱりというかなんというか、結構な数の自転車が走っているわけです。

今日は風も強くて、向かい風組は大変そう。

それでも走っている連中は皆楽しそうでねぇ。

 

この渡良瀬遊水地、昔は中(遊水地内)も車やオートバイでかなり自由に走り回る事ができたんです。

もちろんほぼ未舗装路でしたが、オフロードバイクでなら逆に嬉しい状況だったわけで。

景色が良い。延々続く砂利道。誰の邪魔にもならないし、人気が無いので飛び出しの心配なし。

こんな素敵環境はそうそうどこにでもあるわけじゃありません。

 

ところが最近、急に道が整備されだした。

昔遊んだ砂利道が舗装化されている。「車進入禁止」なんて立札があるところも増えてきた。

まぁ遊びに来る人も増えたみたいだし、これも時代の流れなんでしょうけどね。

 

んでこれ、オフロードバイク的には寂しい事なんですが、自転車となると話は別。

舗装路が増えてるとか四輪が入ってこないとか。これは歓迎すべきことなんですよねぇ。

 

遊水地(≒湖)を一周するサイクリングコースというと霞ケ浦(カスイチ)が思い浮かぶんですが、こちらはあちらほどの距離は無く。

中にある谷中湖一周だと10km、遊水地全体でも20km

ちょい物足りないかもですが、枝道脇道が一杯あるし、別に一周でやめなきゃいけないわけでもないし。

小さいですが道の駅があって、近隣には複数のコンビニが。他にサイクリスト御用達をうたう喫茶店もあったりとか。

ゆるゆるポタリングするにはなかなか魅力的な場所に思えます。何より全部平地ですからねぇ(重要)

心配はこの日同様、風かな?遮るものの無い吹きっさらしの場所ですから。


※この時期は見事な葦原が広がって

 

……とまぁ、一度自転車を持って来ることに決めました。

自宅からだと結構な距離があり、「ちゃっちゃと来てちゃっちゃと帰る」って訳にはいかないので、きちんとスケジュールを取って。

風のない日に。そして暖かめな日を選んでね。

※え?自宅から自走でですか?無理無理絶対無理。

 

コメント